MAJORメジャーシーズン34話~6話を見た海外の反応

第4話 無謀な賭け 
野球部の顧問・山田のつてで、強豪・帝仁高校と練習試合をすることになった吾郎たち。吾郎のボールに帝仁選手たちは度胆をぬき、バットに当てることすらできない。
だが、田代が「清水がキャッチャーで公式戦は戦えない」とクレームをつけたことによって、藤井がキャッチャーをやることになったものの、吾郎の剛速球はどうにも捕れそうにない。
吾郎が“技”を見せて試合はなんとか続くが、本来の球威とコントロールが出せない吾郎をみて、帝人打線もバットを当ててきた。ところが、ここで田代が思いがけないプレーをする…。



 ・OPがいいね。テンション上がる。
リトル時代は素人でも彼らがまだ小さかったから成長を楽しめたけど、この年代になると奇妙に感じる



・もしこのチームで海堂を倒したら、僕はこのショーに対する信頼をなくしてしまうよ



・野球部のない学校に行っただけでなく選手もこんなかんじか…こんなチームで海堂倒せるわけないじゃん
くどいが、なんでも1人でやろうとする吾郎の態度が好きじゃない。野球はチームスポーツだ。明らかにやりたくないやつに無理やりプレーさせている。
はは、アンチ吾郎みたいだ



 ↑吾郎はチームプレーしたくないってわけじゃない。吾郎があの態度で夢島組を成長させたのを見てないのか?
だが、まぁS3よりS2のほうが良かったね。おっと、S2のほうが好きだって言うべきだったかな。



・このシーズンは駄目だわ。もし作者がリトル時代のメンバーを集めていたらもう少し良くなってたかもしれない。沢村や他の奴らはどこ行った?残念だよ。吾郎が彼らにプレーさせることが出来ても、経験ってのは重要だ。素人をトレーニングしても、その間に海堂の連中もレベルアップしている。吾郎も野球が上手いのは小さいときからの積み重ねがあるからだろ




・このチームで海堂に勝つのは有り得ないことだ。あの海堂がこんなチームに負けるわけないだろ。吾郎は海堂を舐めてんのか?




・今のところ、田代はただの嫌なやつだが近い将来彼が新チームのバックボーンになってくれると確信してるよ。そうなると期待してる。
藤井が初心者なりにベストを尽くしてくれて嬉しい



・fuck田代。お前を好きなやつなんて誰もいないんだよ。



・もし彼らが一年生でついに三年生で甲子園へとかだったら良かったのに



・田代が以前野球をやっていたとしても驚かない。野球を辞めるに至った何かが彼にはあるのかもしれない。でも僕は彼がチームのために大きな役割を果たしてくれると信じているよ




第5話 俺たちのグラウンド

清水と藤井のプレーで、同点に追いついた聖秀。ここでもまた、田代が文句を言い清水と口論に。そのとき「もう無理にチームに入ってくれとは頼まない」と言い出す吾郎。「ではなぜ無謀な賭けをしたのか?」との顧問山田の問いに吾郎は自分の正直な思いをみんなに告げる。
吾郎の剛球を受けていた藤井の手がはれあがり、これ以上キャッチャーを続けられなくなった。しかたなく試合をやめようとする吾郎たちに、田代が言ったひとこととは?
…試合が終わり、一応チームはできたが、練習をするグラウンドがない。学校とかけあい、校舎屋上に土を運び込んでグラウンドにする許可を得た。やむなくひとりで土運びを始める吾郎だったが…。




・山田はお気に入りのキャラクターだね



・山田はスマートなコーチじゃないか。彼らの絆を深めるとともに、フィジカルトレーニングもさせている



・屋上にグラウンドを作るだって?こいつはクールだ!!だが、なぜそこにフェンスがあるのかを考えると暗い気持ちになる。日本は自殺の悲しい歴史があるからね。




・チームはほぼ出来上がってきたが、もっと結束する必要がある。屋上で練習するなんて他のチームからすればかなり異様だね。




・屋上に土を持って行くのは危険に思えるんだけと。雨が降ったらかなりの重さになるんじゃないの?



 ↑重さなんてアニメでは意味をなさないのさ
    


第6話 それぞれの選択

グラウンドを完成させた吾郎たちの前に、突然、臨時コーチとして吾郎の父・茂野と横浜リトル監督・樫本が現れる。突然、樫本がノックを始め、茂野は「やる気がないやつはやめろ」と言い放つ。それを聞いた藤井以外の6人は、グラウンドを立ち去ってしまう。

無茶なやり方に抗議する吾郎に、茂野は「自分以外に守るべきものがない人間に栄光はつかめない」と諭す。意味が分からない吾郎。
意気消沈した吾郎は、近所のバッティングセンターで1年生の3人が遊んでいるのを目にする。「野球が嫌いでやめたんじゃないのか?」と聞く吾郎に、3人の答えは…。





・茂野とリトルリーグの監督が来るとは思わなかった。これだからMAJORが好きなんだよ。いつも驚かせてくれる。
yeah!吾郎も1人では海堂を倒せないってことに気づいたろ。野球はチームプレーだろ


 

・吾郎の成長が見れてよかった。このシーズンが好きになってきたぞ





・あのグラサンが吾郎たちの本当のコーチになってくれたら嬉しいのだが。僕が思うに吾郎がちゃんとしたコーチをもつのは初めてじゃないかな?(海堂のコーチは“ちゃんとした”コーチだとは見なさないよ)




・こいつは厳しいコーチコンビだな・みんないなくなったときにはビビった。最終的にはみんな残ってくれて良かった