Netflixデスノートを見た外国人のレビュー紹介。怒涛の低評価という散々な結果に

  



スポンサーリンク
つまらない。原作の無駄使い 2/10点
・正直、僕は大して期待していなかった。欧米のリメイク作品は酷いものばかりだったからね。アジア人を白人が演じることもその一つだろう。
しかし問題はもっと根深い。制作者は原作のことを理解していないし、リスぺクトもしていない









The Death of Death Note 1/10

・もし君がデスノートのアニメ、実写映画のファンなら気に入らないだろう。もしそうでないならばチャンスはあるかもね










駄作&典型的なハリウッド映画 1/10
・主人公もLもつまらないキャラクターに。プロットもゴミ。原作の良いところを全て取り去った駄作がまたもや出来上がってしまったわけだ。
この映画に携わった奴らは自らを恥じるべき










見るな 2/10点
・原作ファンならこの映画を見るのはおすすめしない。この映画はほぼ原作となんの関係もない。もしデスノートを知らないならアニメを先に見ろ。それでもこの映画に興味があるなら…好きにしろ…
だが、すでに言っているようにガッカリすることになるぞ












ストーリーは異なるが、それでも面白い 8/10
・オリジナルと全く同じストーリーではないが、それでもスリリングだった。
この映画はアニメファンだけに向けて作られているわけではないよ。もっとこの作品のようにアニメの実写映画をみたいね


スポンサーリンク








デスノートレビュー 1/10
・俺はこの映画に大きな期待を抱いていたが、この映画はただただ酷いものだった。アニメを見ている人間なら最後まで視聴することさえできないぞ。
原作のコンセプトやストーリーなんてありゃしない。失望した…











これまでで最悪のアニメ実写化 1/10
・映画がアニメ/漫画とは違うプロット、エンディングになることは理解できる。しかしデスノートの素晴らしい要素も無くしてしまうってのはどういうことだ。

リュークが現れるシーンなんてあまりの酷さに吐き気がしたぐらいだぞ。ライトとリュークの関係性も原作とかけ離れてるし、プロットは馬鹿丸出し。
誰が作ったのか知らんが、二度と映画なんて作るなよ










テレビシリーズにすべきだった 5/10
・登場キャラクターを刑事にしてテレビシリーズにするべきだった。ポテンシャルがあっただけに残念。
正直、優秀なライターを使って正しいフォーマットにしたなら原作を超えた作品を作れると思う










時間の無駄 1/10
・僕は10年来のデスノートファンだが
L‐これは…なんだ…いったいどうなってる。これが天才探偵の演技か…唯一合ってるのが甘いものが好きという点だけだったぞ。Lは怒りで我を忘れたりはしない












いったいなんだこれは 1/10
・なんだこれ。これまで見てきた中で最悪だったぞ。プロットは穴だらけだったし、この映画のライトとLに優れた才能があるとはまったく思えなかった。
このLをLとは感じなかったし、ライトにいたっては、mia(ミサ)のほうがキラっぽかったぞ。あとLの登場シーンが壊滅的に酷い










楽しめるはずだ 10/10
・この評価を見てショックを受けてるひともいるだろう。だが信用してくれ。この映画は君が想像しているよりもはるかにいい作品だ。



スポンサーリンク

http://m.imdb.com/title/tt1241317/reviews?ref_=m_tt_urv#showAll

12 件のコメント:

  1. スゲー観たくなったよ

    返信削除
  2. 他のまとめからだけど
    1. ライトがデスノートの秘密をすぐ友達に話す
    2. ライトが大勢がいるなかデスノートの秘密を大声で話しながら歩く
    3. デスノートの恐怖よりホラーやグロテスク展開で怖がらせる
    4. ライトがデスノートを堂々と人前で読んでる
    5. Lがすぐブチギレ激怒する
    6. Lが銃でブッコロして解決しようとする
    7. Lが一般人を轢き殺しそうなカーチェイスをする
    8. リュークが念力で物や建物をぶっ壊す
    もお書けば殺せるノートの部分しか残って無い感じね

    返信削除
    返信
    1. 「アメリカ人がデスノート持ったら」的なお話なのかね。
      どうせ漫画の映像化はアニメ版で完成されてるし、別になんだっていいんじゃねーかなと思うけど。

      削除
  3. 正直10分位で視聴辞めたくなる位に話が面白く無い
    白人の高校生を主役にするとだいたいこんな話になるよねって感じの作りだから 
    ホワイトウォッシュってこういう話もういい加減飽きたって事への批判なんじゃないの? 

    返信削除
  4. 待てよ、この監督が次の次のゴジラ対キングコング撮るんだろ?
    ゴジラ大丈夫なのかよ!?猿に殺されたりするんじゃねーの?

    返信削除
  5. アメリカ人オタク「アメリカの脚本家を起用すれば、日本のマンガ・アニメはずっと良くなる!」

    そしてこのザマである

    返信削除
    返信
    1. 起こり得るかもしれんよ
      ただそれは原作がどういう状況で生まれたか深く理解した作家が
      取り組んでくれないと無理だね

      例えばこのデスノはジャンプでは異色のサスペンス漫画のように見えるが
      それはガワだけで中身は打ち切りに怯えながら描いた他の漫画と変わらないノリで描かれてる
      だからノートのルールとかが後付けスレスレで追加されて話を盛り上げてるわけだ

      映画一本だけでそのそれをなぞる事は到底不可能
      短期シリーズのドラマとして配信されるのが一番向いてるんだわ
      なのにこの映画は原作に無駄に寄せてる時点で失敗は見えてた

      削除
    2. その「かもしれない」にどんだけ騙されてきたか・・・ドラゴンボールしかり、まともなものなんて何一つ無い

      削除
  6. 自分は面白かったな
    映画の尺で、原作のエッセンスを拾ってうまく作ったと思う
    最後のドンデンも、いかにもという感じで楽しめた

    返信削除
  7. もういっそ何年後かの全く別の拾い主の話とかのほうが良かったかもね。中途半端にキャラ名使うから批判を受けるんじゃないと思った。

    返信削除
  8. 評価する価値もない汚物

    返信削除
  9. 純粋に映画として面白くなかった
    終盤の追いかけっこシーンとか長すぎてあくび出た
    頭脳戦もない、ただのティーンエイジャーがデスノ拾った悲劇みたいな映画

    返信削除